のらクン,バイバイ!!ありがとう~

8月初旬、”のら”が姿を消してしまいました。

その一週間前にも、3日位顔を見せず、探すと家の後ろのドアの壊れた収納庫の中から、だるそうに出てきたのです。

めずらしく、自分から進んで家の中に入り、あちこち散策し、お母さんのベットを見つけ、くつろいだ様子で横になりました。Photo

Photo_2

でも、私が出かけなければならなく、ちょっと抵抗する“のら”を外に出したのです。

以後は、誘っても中に入らず、3日後には姿が見えなくなってしまったのです。毎朝、“いじわる猫”に寝ているところを襲われていましたので、逃げ回って家が解らなくなったのかも?と、探しましたが、どこに消えてしまったのか・・・・姿が見えません。。。。。不思議??

自分の都合のいい時だけ遊び、“のら”の気持ちになって考えなかったな~・・・・と、後悔の日々。

とても従順でお母さん思いの猫でした。たぶん、つめの先、歯の感覚が鋭いのでしょう、お母さんの皮膚に触れる時には、爪を出す事はなく、手袋をすると思い切り爪を出してじゃれ、噛み、歯が手袋の下の皮膚に触れると、はっと、びっくりした様に顔を覗き込み、止めて申し訳なさそうな顔するような事もしばしば。

Cimg0473 Cimg0441

母が、苦手な草取りをする時、“のら”は、周りで走り回ったり、母の体を飛び越したり、潜りぬけたり、草を取る手にじゃれついたり、何度もおでこを付けに来、それは嬉しそうでした。Cimg1495 Cimg1504

Cimg1287 Cimg1259

朝、戸を開ける時、眠そうな顔をしながらも母の足音を聞きつけ、朝一番に顔を見せ、おでこ同士を付けた「おはよう」の挨拶、「お母さん忙しいから後でね」と言うと、「解かった」というように、木の下に入ってじっと母を見ていました。

車で出かけ、帰ってくると、どうして分かるのか、いつも車のドアの前で出迎えてくれました。そして玄関に向かうまで、“ニャォ”(何処に行ってたの?)と言いながら歩けないほどまとわり付いて来ます。そして、高い台の上に乗って、「おでこを付けて~heart01!」とおねだり。ちょっとの間付けてあげると、cat満足♪

母が、散歩に出かける時、“ニャ~ゴ”(遠くに行っちゃダメ、危ないよ)と、まるで母親のように心配してくれた“のら”

もちろん、帰った時は、出迎えてくれます。 Cimg2115

Cimg2344

Cimg1968

そうなんです。こんなに私の事を、心配し、思ってくれた人?動物は今までいなかったんです。

息子達が、就職し、それぞれ家を出た時、下の息子が結婚した時も、寂しさは感じず、友達から、“冷たい!”と呆れられたりもしましたが、“のら”が居てくれたから?

“のら”は上の息子が、就職し、家を出る数日前、その息子が拾い、「俺の代わりに飯を!!」と。飼えない、という私達に「猫よりまとわり付かれる俺の方がつらいんだから」と、とても困っている様子に負け、ご飯をあげ始めたのでした。

飼う事になり、獣医さんに連れて行った時、「この猫、弱いですから、出来れば家の中で飼った方かいいですよ。」と言われたのに、パニックになる様子に負け、外に・・・・

Cimg0437 Cimg0454

駐車場の屋根の上から、いつも「おいで~」と母を呼んでいたっけ。。。。。

Cimg0204

ノラ猫の子どもでしたので、閉じ込められてしまうのが恐怖だったのでしょう。

でも、数日我慢すれば慣れたのかも?“のら”も誰にも追いかけられることのないパラ色の人生?を送ることが出来たのかも。。。

“のら”にとって、どうしたら一番良かったのか、何も考えずに過ごしてきてしまった約8年間、“のら”にとって、辛い事が、あまりに多かったと思う。

“のら”に「ごめんね。」と「たくさんの幸せを、ありがとう~」と、伝えたい。

9月に入ってから、もう帰ってこない、諦めよう、と思い、さよなら・・の記事を書き、区切りをつけようと思ったのですが、書こうとパソコンを開いたり、写真を見ると辛くなり、滅入ってしまい、触れないようにしておりました。

が、朝起きてから、寝るまで、いろいろな場面で“のら”を思い出させられたのです。

「ストーカー猫」と呼ばれるほど、いつも母の足音を、そして声を聞き、ニャーォ「側にいてよ~。遊ぼうよ~。」と、訴えていたのに。

これからは、こんなに後悔しなくていいように、よく考えるからね。

書き始めてから、もう一ヶ月以上経ってしまいました。今夜は“月下美人”の花が咲き、ルンルン気分になれたので、チャンス!! 完成しよう!! と、取り掛かりました。

やっと、「のらくん!!さよなら」 のご報告ができそう。

のらくん!! 本当にありがとう!! バイバイ

Cimg1114

愚痴のようになってしまった記事、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

          ”のらくん”にとても愛された母

| | コメント (10) | トラックバック (0)

“のら”の友達

顔を見ると、思わず吹き出してしまうほど、おもしろい?いいえ、ユニークな顔の“くーちゃん”heart02 です。Cimg1528 おもしろいbleah と言うと、飼い主のタカちゃんは、怒りますがpout

とても、用心深いので、ガラス越しでしか、撮れません。

表情がとっても可愛く、ついつい声をかけてしまいます。

でも、“のら” にとっては、ライバルheart02heart03

おかあさんを取られまいと必死です。

恐れをなしたのか、あまり来なくなってしまいました。weep

Cimg1530 Cimg1535_3 

“くー” のお母さんです。“しろちゃん” と呼んでいますが、本当は違うみたい。bleah

Cimg1296_2 “のら” とは大の仲良しheart01

よく遊びにくるのですが、“のら” に遠慮しているのか、声をかけると、文句を言いながら、家に帰ってしまいます。Cimg1339_2

先日、テレビで“つしまやまねこ”を見ました。

“のら” に似ていましたょ~sign02Cimg1495_2

やっぱ、一番かわいいかな heart04heart02

Cimg1488_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

激やせ?

残念ながら、“のらくん” のお話です。

私、知らなかったんです。人間が毛づくろいをしてあげなくてはいけないって事を。

毎年、“のら”はちょっと暑くなると、食欲が落ち、ぐったりしていたので、“猫はそんなもの”と思っていたのですが、大間違い。真夏に毛皮を着ているようなものだったらしいのです。“なでて~” と言うので、手袋をしてなでると、あまりにも毛が抜けるので、ブラシを使ってみました。すると、小気味いいほど取れます。ティッシュに包みながら、取れる事、取れる事。のらは、どんどんスマートになっていきます。もう“たぬき”なんて誰も言いません。3日位で、すっかり変わってしまいました。

Cimg1114 写真嫌いな?“のら”はカメラを向けると、横を向くか、近づきすぎてしまうので、家の中からガラスごしにやっとパチリ!!

“のらくん!!”って呼んでいるのに・・無視

痩せたでしょう。

Cimg1129

Cimg1119

"お母さん 何かしてるけど、なんだろう?"

訳が判らなくて困っているところです。

とても臆病なCimg1089“のら”です。

とうとう逃げてしまいました。

さて、ここまで書いて1ヶ月もずっと塩づけしてしまいましたl。なんで途中で止めたのかすら忘れてしまいました。せっかく書いたので、投稿してしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のらです

_004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春です

猫ちゃんにとって恋の季節になりました。

でも、我が家ののらにとっては、最悪の季節

僕の好きな人は、お母さんただ1人なのに、他の雄猫に追いかけ回され、生きた心地がしません。いつも寝ている玄関前の箱に、おしっこをひっかけられたり、急に飛び掛ってきたりと、いつもビクビクです。早くこの季節が終わればいいと思っています。

かわいそうなのらくんです。家の中に入ってほしいのですが、お母さん以外の人はダメだし、外で大きい音がしたり、お客さんが来ると、パニくってしまいます。時期が過ぎるのを待つのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)