« 子の権現(飯能市)に行きました | トップページ | 秋の草津、白根山、軽井沢へ再び »

のらクン,バイバイ!!ありがとう~

8月初旬、”のら”が姿を消してしまいました。

その一週間前にも、3日位顔を見せず、探すと家の後ろのドアの壊れた収納庫の中から、だるそうに出てきたのです。

めずらしく、自分から進んで家の中に入り、あちこち散策し、お母さんのベットを見つけ、くつろいだ様子で横になりました。Photo

Photo_2

でも、私が出かけなければならなく、ちょっと抵抗する“のら”を外に出したのです。

以後は、誘っても中に入らず、3日後には姿が見えなくなってしまったのです。毎朝、“いじわる猫”に寝ているところを襲われていましたので、逃げ回って家が解らなくなったのかも?と、探しましたが、どこに消えてしまったのか・・・・姿が見えません。。。。。不思議??

自分の都合のいい時だけ遊び、“のら”の気持ちになって考えなかったな~・・・・と、後悔の日々。

とても従順でお母さん思いの猫でした。たぶん、つめの先、歯の感覚が鋭いのでしょう、お母さんの皮膚に触れる時には、爪を出す事はなく、手袋をすると思い切り爪を出してじゃれ、噛み、歯が手袋の下の皮膚に触れると、はっと、びっくりした様に顔を覗き込み、止めて申し訳なさそうな顔するような事もしばしば。

Cimg0473 Cimg0441

母が、苦手な草取りをする時、“のら”は、周りで走り回ったり、母の体を飛び越したり、潜りぬけたり、草を取る手にじゃれついたり、何度もおでこを付けに来、それは嬉しそうでした。Cimg1495 Cimg1504

Cimg1287 Cimg1259

朝、戸を開ける時、眠そうな顔をしながらも母の足音を聞きつけ、朝一番に顔を見せ、おでこ同士を付けた「おはよう」の挨拶、「お母さん忙しいから後でね」と言うと、「解かった」というように、木の下に入ってじっと母を見ていました。

車で出かけ、帰ってくると、どうして分かるのか、いつも車のドアの前で出迎えてくれました。そして玄関に向かうまで、“ニャォ”(何処に行ってたの?)と言いながら歩けないほどまとわり付いて来ます。そして、高い台の上に乗って、「おでこを付けて~heart01!」とおねだり。ちょっとの間付けてあげると、cat満足♪

母が、散歩に出かける時、“ニャ~ゴ”(遠くに行っちゃダメ、危ないよ)と、まるで母親のように心配してくれた“のら”

もちろん、帰った時は、出迎えてくれます。 Cimg2115

Cimg2344

Cimg1968

そうなんです。こんなに私の事を、心配し、思ってくれた人?動物は今までいなかったんです。

息子達が、就職し、それぞれ家を出た時、下の息子が結婚した時も、寂しさは感じず、友達から、“冷たい!”と呆れられたりもしましたが、“のら”が居てくれたから?

“のら”は上の息子が、就職し、家を出る数日前、その息子が拾い、「俺の代わりに飯を!!」と。飼えない、という私達に「猫よりまとわり付かれる俺の方がつらいんだから」と、とても困っている様子に負け、ご飯をあげ始めたのでした。

飼う事になり、獣医さんに連れて行った時、「この猫、弱いですから、出来れば家の中で飼った方かいいですよ。」と言われたのに、パニックになる様子に負け、外に・・・・

Cimg0437 Cimg0454

駐車場の屋根の上から、いつも「おいで~」と母を呼んでいたっけ。。。。。

Cimg0204

ノラ猫の子どもでしたので、閉じ込められてしまうのが恐怖だったのでしょう。

でも、数日我慢すれば慣れたのかも?“のら”も誰にも追いかけられることのないパラ色の人生?を送ることが出来たのかも。。。

“のら”にとって、どうしたら一番良かったのか、何も考えずに過ごしてきてしまった約8年間、“のら”にとって、辛い事が、あまりに多かったと思う。

“のら”に「ごめんね。」と「たくさんの幸せを、ありがとう~」と、伝えたい。

9月に入ってから、もう帰ってこない、諦めよう、と思い、さよなら・・の記事を書き、区切りをつけようと思ったのですが、書こうとパソコンを開いたり、写真を見ると辛くなり、滅入ってしまい、触れないようにしておりました。

が、朝起きてから、寝るまで、いろいろな場面で“のら”を思い出させられたのです。

「ストーカー猫」と呼ばれるほど、いつも母の足音を、そして声を聞き、ニャーォ「側にいてよ~。遊ぼうよ~。」と、訴えていたのに。

これからは、こんなに後悔しなくていいように、よく考えるからね。

書き始めてから、もう一ヶ月以上経ってしまいました。今夜は“月下美人”の花が咲き、ルンルン気分になれたので、チャンス!! 完成しよう!! と、取り掛かりました。

やっと、「のらくん!!さよなら」 のご報告ができそう。

のらくん!! 本当にありがとう!! バイバイ

Cimg1114

愚痴のようになってしまった記事、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

          ”のらくん”にとても愛された母

|

« 子の権現(飯能市)に行きました | トップページ | 秋の草津、白根山、軽井沢へ再び »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

今晩はお久しぶりです(^_-)-☆
まあちゃん、のらちゃんとお別れが出来ましたねcat
これで安心しましたよ~
出会いがあれば、別れもあるものよ、誰もが別れのほうが寂びしっくて悲しいものです。
早く明るいまあちゃんに戻ってねヽ(^o^)丿

投稿: くろちゃん | 2008年10月23日 (木) 19時02分

cat くろちゃん、こんばんは。
ありがとう!! ご心配をおかけしました。
やっとの事で書き終え、気持ちの整理が付いた様な気がします。スッキリ\(^o^)/
そうなんです、私達より遥かに寿命が短いんですよね。当然の事だったのに、
忘れていた・・・ということです。
もう大丈夫、次にお会いできる時には、身も心も一段と成長している様子を見ていただけると思います(^_-)-☆

投稿: まあ | 2008年10月23日 (木) 23時46分

そっくりな猫がいる私としてはあまりにつらすぎくろちゃんのように言うことができませんでした。
猫は何でも知っていて私たちの気持ちをよくわかっているから。
家族なんだよね。
まあちゃんの気持ちわかってはいても何にも出来なくてごめんなさい。

でもすばらしい記事かけて。えらい。
まあちゃんの強さを感じさせていただきました。

見習おうと思います。

投稿: sensei | 2008年10月25日 (土) 10時38分

cat senseiありがとうございます。
強くなんかないんです。
冷静に考えてみれば、“のら”にとっては本当につらい日々だったんですね。だから今は天国で、虐められる事もなく、ゆっくり昼ねしていると思います。
"のら”側からみれば、やっと、ホッと出来た、ということかも知れません。
自分の都合で、のらにかかわった事、申し訳ないと思います。
この年になってやっと解かるなんてね~coldsweats01

投稿: まあ | 2008年10月25日 (土) 12時29分

まあちゃん、つらかったね~。
まだつらい気持ちは消えないと思うけど。。。
記事が書けて良かったね。読んでいて涙が出そうになっちゃた~。
まあちゃんに、いっぱい、いっぱい可愛がってもらって、きっと、
のらちゃんは幸せだったと思うよ。
のらちゃんが、話せたら、きっと、「お母さん、たくさんの愛情、ありがとう」って、言ってくれてるよ。

投稿: ポエポエ | 2008年10月25日 (土) 17時22分

お話を聞いてから私も「どうしたかしら?」と気になっていました。
づぅ~っとづぅ~っとつらかったね・・・・
いつも、別れって辛く悲しい・・・
でもね、これだけ愛されてのらちゃんも幸せだったよ!
のらちゃん、今度はまあちゃんのことを見守ってくれているよ。

投稿: yuri | 2008年10月25日 (土) 17時51分

まあさん、こんばんは。
のらちゃんcatの写真を見ながら読ませていただきました。寂しかったでしょうね。親戚が可愛がっていた野良猫も、歩けないほどよぼよぼになっていたのに突然いなくなったそうです。野良猫の生き様ってあるのでしょうか?
物言えぬ悲しさ、写真を見れば心を許しているのが分かります。こんなに可愛がられたのらちゃんは、すごく幸せだったと思います。まあさんも早く元気になってください。
「のらちゃん二世」に出会えるようにお祈りします。

投稿: Baron Potato | 2008年10月25日 (土) 22時10分

cat ポエポエさん、こんばんは。
ご心配おかけしました。もう大丈夫happy01
楽しかった思い出を残しておきたい!!、書かなくちゃ!! と
仕上げるまでに1ヶ月以上かかってしまいました(~_~;)
投稿欄を開くたび“書くと悲しくなるから止めよう”と思ったのですが・・・
今は諦めがつき、幻聴も聞こえなくなりました。ホッhappy01
自分が親だと思っている“のら”も安心したと思います。

投稿: まあ | 2008年10月27日 (月) 21時51分

cat yuriさん、ありがとうございます。
ご心配をおかけしました。そこにいるのがあたりまえだと思っていたのに、急にいなくなってしまうと、慣れるのに時間がかかるということなのかな~?
「いつまでもあると思うな・・・・・」という言葉を思い出し、
ご無沙汰しっぱなしの年老いた母のことも気遣わなければ、と思いました(^_^)v
“のら”が教えてくれたのかな~coldsweats01

投稿: まあ | 2008年10月27日 (月) 22時13分

cat Baron Potato さん、ありがとうございます。
そうですね~。最期に姿を消す猫は多いんだそうですね。人間以外の動物ってたぶん強いんですね。考えてみると、以前飼っていたインコは、病気になってしまい、ガリガリに痩せてしまったのに、私以外の家族の前では、とても元気そうに飛んで見せたりしたんですよ。弱みを見せない、ということなんだそうです。
私達人間が失くしてしまった本能なのでしょうか??

投稿: まあ | 2008年10月27日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204745/24127874

この記事へのトラックバック一覧です: のらクン,バイバイ!!ありがとう~:

« 子の権現(飯能市)に行きました | トップページ | 秋の草津、白根山、軽井沢へ再び »